水分摂取の必要性について

こんにちは。

看護師の小林です。

毎日暑い日が続いています🌻

本日は熱中症にならないためにも水分摂取の重要性についてお伝えしたいと思います。

1日に排出される水分量は、①尿として1000~1500mL、②不感蒸泄として約900mL、③糞便中の水分(約200mL)などがあります。

※不感蒸泄とは・・・肺や皮膚から排泄される水分(肺からの呼気に含まれる水蒸気量が約400mL、

皮膚から無意識に排泄される(運動時の汗とは異なります)水分量が約500mLになります。

これに見合う摂取される水分は、①飲料水1000~1500mL、②食物に含まれる水分(約800mL)、③代謝水(約300mLで、各種栄養素が体内で酸化分解されるときに生じる水分)などがあ

り、ホルモンなどによる調節が働きますが、摂取量と排出量との均衡を保つ必要があります。

1日の飲料水で1000~1500mLだと多いと感じるかもしれませんが体に必要な水分量です。

暑い時期は汗をかきやすくなるので喉が渇かなくても水分補給をする事が大切です😊

努めて水分摂取するようにしてくださいね!